2015年08月25日

蛸地蔵商店街&天性寺地蔵盆お参り(続き)

境内の手作り市。奥会長が綿あめづくりさせてくださった。

P8230019.JPGP8230020.JPG

残念ながら、わたあめづくりの才能は私にはない。カチカチ。


P8230037.JPG

藤本さんにスーパーボールすくい体験させていただく。スライムゲット。

境内の野菜売り場で、トマトを買う。
写真はそうめんかぼちゃと、その皮でつくった植木鉢カバー。ナイスアイディア。

P8230025.JPG

そうこうしているうちに、お声がかかり、ついに絵巻物の公開へ。
取材の時にはお電話で話しただけのご住職にごあいさつさせていただく。

絵巻物を少しずつ広げながら、天性寺に伝わる物語を読んでくださった。氏子の皆さまと藤本さん、私でお話をいただく。
美しい字(物語)の合間に、敵を蹴散らす白法師(脚一本ずつ2匹の蛸に乗ってる!)の絵などがでてきて、そのていねいな描き込みに感動する。

この絵巻物は、修理が必要になり、京都に持っていこうとしたところ、持ち主のもとに枕元にお地蔵様が表れて、岸和田で直すように、と指示があったとのことだった。(やっぱり地元のものは地元でって素晴らしい)
巻物を箱に包んで持っていこうとしている人に、「持っていくのやめてここで修理!」って指示している絵もあった。そういうのをご住職が説明してくれる。
ぜひ、これは目の前で解説してもらうことをお勧めする。絵巻物の写真は、撮るのはやめた。

お寺の中には、漁師さんや、お参りに来た人がおさめたものがたくさんある。

お寺の屋根の下の梁部分にあった船。

P8230013.JPG

日待講の彫り物。鬼がお地蔵様にひれ伏している。
明治6年に作られたようだ。講を作り、奉納した人の名前が下に刻まれている。
詩は、「うみのふかきにちかいし」以外、みな読めなかった。

P8230015.JPG

左側に彫り物、高松彦四郎、塗り師 朝山又右ェ衛門の名前と居住地。

お話の後、外に出てまたゆっくり回る。
藤本さんに教えてもらった、きしれん(岸和田レンガ)が敷いてある部分

P8230027.JPG

100個に1個の割合で、しるし(×)が入っているのだそうだ。
東京大、同志社大も岸和田のレンガを使っているとのこと。

歴史ある正平地蔵、親子に人気の子育て地蔵も。子育て地蔵は、海に近いところにもともとあったが、天性寺さんに置いておけば安心、とのことで移ってこられたそうだ。

最後におみくじで、無事大吉をたたき出し、帰る準備。
皆さんに別れを告げた。

P8230030.JPG

外の道ぞいのちょうちん。
絵と屋号だけのとか、5個並べて一文字ずつ店名を入れるとか、なかなかユニーク。

前の、旅で気になってた、駅前のたこ焼き「道」さんでおやつ。

P8230033.JPG

おいしかった!
皆さま。ありがとうございました!(晶)










posted by 3丁目の朝日 at 19:01| Comment(0) | 日記

2015年08月24日

蛸地蔵商店街&天性寺地蔵盆のお参りへ

五月号で岸和田市に行った編集部。
その時に知り合った蛸地蔵商店街の方と、取材させてもらった天性寺さんの地蔵盆へ行ってきた!

午後3時。暑い。
蛸地蔵商店街は、日曜日で95%閉まってた。
何かが死んでる…

P8230008.JPG

と思ったら暑くてへばってる猫でした。

商店街の延長の道に、おしゃれで、品ぞろえもいい古本とカフェ「東雲舎」さん。
ちょっとおしゃべりしてコーヒー。
初対面の店員さんだけど、ラヂオきしわださんの話とかしてると、初めて会った気がしない。

P8230010.JPG

貸し本1日40円。こういうの淀川区でもやってくれないかな。

P8230031.JPG

アイスコーヒーを一気飲みして、天性寺さんへ。

P8230028.JPG

P8230026.JPG

うーん、懐かしい。
商店街の人もたくさんいるらしい。
わくわく。

P8230018.JPG

すごく立派な建物だけど、今日は本堂も開け放たれて、すごく開放的に見えた。
全然違う建物に見えるくらいだった。すばらしい植木や石がたくさんある。
前、お寺の奥様にうかがったところによると、この日お参りすると、1000回お参りするのと同じくらいご利益があるそうだ。


境内で、当然のように、蛸地蔵商店街の取材でお世話になった藤本さんに会えた。
覚えててくれました。そして蛸地蔵商店街会長の奥(おく)さんと、お寺の娘さん(かわいい!)をご紹介してくださった。
お寺に入る。

前、お会いしたやさしいお顔のお寺の奥様が、ご利益がありますよって手作りのわらびもちをふるまってくださった。

P8230012.JPG

後半へ続く。(晶)









posted by 3丁目の朝日 at 18:57| Comment(0) | 日記

2015年05月08日

フールジャパン 鉄ドン危機一髪

編集後記にも書いた「鉄ドン」を5日観に行った。
場所はシアターセブン。

この前、プロデューサーの星野零式さんが編集部に来てくれたこともあり、『ザ・淀川』に読者プレゼントを提供してくれたのもあって、他の某イベントを蹴り、一人シアターセブンに乗り込む私。
ギリギリで着いたこともあって、私は桟敷席だった。

P5080002.JPG



女の子はこんな素敵なコンパクトがもらえました。

「バカ」という言葉は大阪では聞かないけれども、バカ映画はみんな好きなんだと思う。
満員だった。

映画の前に星野さんとスタッフの楽しい掛け合いがある。

この映画、監督さんがたくさんいて、それぞれの作品が数分。作品が終わったら監督の名前が出る。
おもしろいと思ったら拍手しろ。
つまらなかったら「金返せ!」って叫べ。
そんな風に指示された。おもしろい。

映画が始まる。
ラッキーなことに、私の隣りの男性は、常に受けていて、1分に1回くらい突っ込みを入れていた。
これでこそバカ映画だ。みんなで作るバカ映画。

けっこう本気で面白いのもある。
「うんこ」ネタもある。

でも、集中力を強いられる。
隣りの男の人とか、ちょっと他の何かに気を取られた瞬間に聞き逃した台詞で大笑いが起こったりした。
何が起こるかまったく分からなくて、シュールなのもある。

まあ観たい人は、5月16日〜「フールジャパン ABCオブ鉄ドン」の上映が決まってるのでシアターセブンでどうぞ。

後で挨拶に行ったら、星野さんにシールをいただいた。
編集部メンバーに配ってまだ何枚かあるので、欲しい方は(晶)まで。P5080003.JPG

こんなかわいいシールだよ!(晶)


posted by 3丁目の朝日 at 18:32| Comment(0) | 日記