2015年05月08日

フールジャパン 鉄ドン危機一髪

編集後記にも書いた「鉄ドン」を5日観に行った。
場所はシアターセブン。

この前、プロデューサーの星野零式さんが編集部に来てくれたこともあり、『ザ・淀川』に読者プレゼントを提供してくれたのもあって、他の某イベントを蹴り、一人シアターセブンに乗り込む私。
ギリギリで着いたこともあって、私は桟敷席だった。

P5080002.JPG



女の子はこんな素敵なコンパクトがもらえました。

「バカ」という言葉は大阪では聞かないけれども、バカ映画はみんな好きなんだと思う。
満員だった。

映画の前に星野さんとスタッフの楽しい掛け合いがある。

この映画、監督さんがたくさんいて、それぞれの作品が数分。作品が終わったら監督の名前が出る。
おもしろいと思ったら拍手しろ。
つまらなかったら「金返せ!」って叫べ。
そんな風に指示された。おもしろい。

映画が始まる。
ラッキーなことに、私の隣りの男性は、常に受けていて、1分に1回くらい突っ込みを入れていた。
これでこそバカ映画だ。みんなで作るバカ映画。

けっこう本気で面白いのもある。
「うんこ」ネタもある。

でも、集中力を強いられる。
隣りの男の人とか、ちょっと他の何かに気を取られた瞬間に聞き逃した台詞で大笑いが起こったりした。
何が起こるかまったく分からなくて、シュールなのもある。

まあ観たい人は、5月16日〜「フールジャパン ABCオブ鉄ドン」の上映が決まってるのでシアターセブンでどうぞ。

後で挨拶に行ったら、星野さんにシールをいただいた。
編集部メンバーに配ってまだ何枚かあるので、欲しい方は(晶)まで。P5080003.JPG

こんなかわいいシールだよ!(晶)


posted by 3丁目の朝日 at 18:32| Comment(0) | 日記

2015年02月07日

楽しいお店が好きッ!

区内某所。
広告も貰ったことある某店。
お店の外側に力作が!!
店に行っちゃだめなのね…

dameyo.jpg

この漫才も、いつかは『ゲッツ!』とか『なんでだろ〜』と同じくらい有名になるのかなぁ。
最近は以前と比べてコンビニとかチェーン店も、オリジナル張り紙やら手作りポスター作ってておもしろい。(晶)
posted by 3丁目の朝日 at 14:18| Comment(0) | 日記

2014年10月18日

『小川町セレナーデ』親子&監督さん初日舞台挨拶に行ってきました!

十三のサンポードにある映画館シアターセブンで、今日から映画「小川町セレナーデ」が公開されます!
その舞台あいさつにお邪魔してきました。
今日は、主演の須藤理彩さん、藤本泉さん、原桂之介監督がいらっしゃっていました。

“偽オカマバー、始めました─
母はスナックのママ、父はオカマ?ちょっと不思議な家族と、スナック小夜子に集まる人たちの物語。”(映画チラシより)

この映画、あたたかくて、優しい気持ちになれるような作品なんです。

左から、藤本泉さん(娘、小夜子役)、須藤理彩さん(母、真奈美役)、原桂之介監督

PA180006.JPG
 
この映画の舞台の「スナック小夜子」の空間(美術・セット)について、須藤さんも藤本さんも絶賛されていました。
「現場が、役を作ってくれた!」と藤本さん。

この映画で須藤さんは、20代〜シングルマザーになった30代の女性役を演っているわけですが、映画の中で苦労した点として、「真奈美は、一人で子どもを産んで育てる覚悟をした女性。人の前ではいつも笑っていて、強い女性として描かれているけど、周りに誰もいなくなって一人になった時に、強く生きようとしている様子を表すのに苦労した」というようなことを言われていました。

東京でも上映したらしいですが、オネエの皆さんたちにも大好評だったようです。

最後は21日にお誕生日を迎える藤本さんに、監督と須藤さんからバースディケーキのサプライズ・プレゼント!!!

藤本さん、本当に驚いてらっしゃいました!

PA180018.JPG

最後に、観た私の感想ですが、いろんな人が出てきて、かならずどこかに共感できる映画じゃないかなと思いました。
シングルマザーで頑張ってる方、恋をしてる女の子、オカマ!
…だけでなく、東京へ出て行って頑張ってる子とか、演劇とか芸能を頑張ってる子、お母さんが働いている子どもとか、いろんな人が見て楽しめる。
ぜひ、行ってみてください!!(晶)









posted by 3丁目の朝日 at 18:10| Comment(0) | 日記