2020年09月03日

フォトスタジオマユミさんのひょうたん、追記。

今、9月3日の16時45分。台風が近いというので、営業の帰りに、8月号で紹介したフォトスタジオマユミさんのひょうたんを見に行ってきました。

まず目につくでっかいやつ。20センチ以上。

P9030009.JPG

育てた間弓さんの話によると、千成びょうたんという種類の雌花に、隣に植えている天下一という種類の花粉がかかり、掛け合わされた実なのではないか、ということ。

横にある千成びょうたん

P9030008.JPG

これは小さい。10センチくらい。
店内にあった天下一の大きなヒョウタンの実と、比べると、3種類、それぞれ形が違う。
種類が混ざるっておもしろい。

風に吹かれてるひょうたん、機会があればぜひ、見に行ってみてください。

posted by 3丁目の朝日 at 17:11| Comment(0) | 日記

8月号のカモの親子







8月号でご好評いただきましたカモの親子の皆さん。
動画、Tさんにご提供いただきました。実際に見たかった―もうきゃわゆい。きゃわゆすぎる
数年前にも、西中島で目撃情報があって、ザ・淀川に載せたなー(晶)
posted by 3丁目の朝日 at 16:37| Comment(0) | 日記

2020年07月30日

“フォトスタジオマユミ名物” 大びょうたんがぶらり

西三国のフォトスタジオマユミでは、ひょうたんが見ごろです。

P7210007.JPG


 地域の方に連絡をもらい、7月21日に見に行くと思わず「大きい!」。
 お店の脇のひょうたん棚に重そうな実がふたつぶら下がっていました。
 大きい方のひょうたんは現在高さ22センチ、下のふくらみの周囲は48センチ。もう片方もそれに迫る大きさです。

「これは大びょうたんという種類で、今年初めて植えました。最後には実が30pくらいになるみたい。まだまだ大きくなりますよ」
と店主の間弓慎太郎さん。

 実の下にそっと手を添えてみると、ずっしり。落ちないのかと心配になるくらいの重さですが、「けっこうつるが強いんですよ」と間弓さん。

 他には「千成びょうたん」と「天下一」という品種を植えているそうですが、そちらはまだまだ雄花が咲かないとのこと。棚の下から見上げると、枝豆のさやくらいのちいさな雌花部分を見つけることもできます。

 いろいろ質問していると、ご近所の方々が、「きれいねえ!」「すごいやん」などと言いながら通り過ぎていきます。実は11月くらいまでなっているとのこと。目にも涼しいスポットですので、近くに行かれた時は、ぜひ見てください。

西三国1-2-45
posted by 3丁目の朝日 at 11:35| Comment(0) | 日記